トイレは水漏れの危険地域

トイレは水漏れの危険地域 家の中で最もよく使用する場所は、どこでしょう。意外と思うかもしれませんがそれはトイレです。例えば台所であれば、基本的にお母さんが使うことが多いでしょうし、お風呂は一人につき一日一回入るだけです。
しかし、トイレは家族が一日に何度も使う場所です。それだけ使用頻度が高いところですので、他の場所よりは見えないところで劣化が進むのが早い場所でもあるのです。また、この場所はあまりじっくりと観察するところではないので、少しの漏れには気付かない場合が多いです。床や給水管が濡れていてもそれに気付くことが少ないということです。そしてこれこそが、後々の大きなトラブルの原因ともなるわけです。
このように、トイレのトラブルは家の中で最も身近なもので、そして最も気付きにくいものです。

■水漏れ箇所

トイレのトラブルで最も多いのが水漏れです。多少であれば、拭き取っておけばいいと考えますが、実はこの小さなトラブルこそ、大きなトラブルの予兆とも言えるものなのです。トイレに入ったとき、床が少し濡れていることに気付いたなら、これはもう立派なトラブルです。すぐに対処しなくてはいけません。
漏れがよく起こる箇所としては、止水栓からタンクに伸びる給水管、また洗面台の排水管や蛇口などがあります。また、便器の中に収納されている排水管からも漏れは起こる可能性があります。
このようにトイレには、漏れの起こる箇所がいくつもあるのです。すべてを常に点検するのは大変ですが、入ったときに異臭がしたり、何となくどこかが濡れていたりということに気付くことで、トラブルを最小限度に抑えることができるのです。

■トラブルを発見したら
異臭や漏れを発見したら、そのままにしておかず、すぐに対処してください。まずは、異臭や漏れの箇所を見つけることです。鼻を近づけたり、漏れの近くを探し、どこから漏れているのかを探すのです。
トイレの水漏れはほとんどの場合、給水管や排水管の継ぎ目からのものです。その部分を重点的に調べると、どの部分から漏れているのかをすぐに発見できます。
漏れの箇所を突き止めることができたら、今度は水を止めましょう。壁に設置されている止水栓をマイナスドライバーなどで締めます。これで、トイレのタンクへの給水は止まります。もし、それでも水が止まらない場合は、屋外にも止水栓がありますので、これを締めてください。

■水漏れ箇所の修理

漏れの箇所を発見したら、止水栓を閉め、そして修理にとりかかります。トイレの水漏れの修理は、原因が意外と単純なことが多いので、自分で修理できるものも多いのです。
漏れの多くは、給水管や排水管の接続部分、つまり管とタンクなどの継ぎ目からのものになります。この部分からの漏れの原因としては、ナットが緩んでいる、あるいは中のパッキンの劣化です。そのため、ナットを締め直すか、パッキンを交換するだけで、ほとんどの水漏れは改善されます。
ただ、ナットの緩みやパッキンの劣化は、水漏れを起こした部分だけではありません。他の箇所も同じように緩んでいたり劣化したりします。また、排水管のように便器本体に内蔵されているものは手が付けられませんので、定期的に修理業者に点検を依頼することをおすすめします。

■まとめ
水漏れは、意外と自分で直せることが多いものです。ただ、排水管のようにどうしても専門の知識や工具、道具が必要なものがありますので、水漏れがあれば、自分で直した後、修理業者に点検をしてもらうのがいいでしょう。
水漏れを放っておくと、最悪の場合、トイレの交換という事態にも繋がります。そうなるとかなりの出費にもなりますので、出来る範囲でいいので、修理業者に点検を依頼して、いつも安全に安心に使える状態をキープしましょう。


クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース